研究科長あいさつ

本研究科では「総合的地域研究」を旗印として教育と研究を進めていますが、その特徴として次の4点をあげることができます。

第1には、臨地研究と臨地教育の融合あるいは一体的な推進です。第一線の研究を通して大学院教育を進め、そのなかで学生は研究の主体的な担い手として位置づけられることになります。

第2には、学際的な文理融合の方法論に立脚しています。地域研究者は、さまざまな学問的バックグラウンドをもった人の集まりであり、この特色を活かして研究を進めようというのが、わたしたちの立場です。これは、単に異分野の人と協力するだけでなく、個々人が専門分野を超えた研究を試みること、領域横断的なアプローチをとることにつながっています。このアプローチ方法は、自然(生態)、文化、歴史が交錯する場である〈地域〉を理解するためには必須であると考えています。

第3には、グローバルな視野に立って〈地域〉を理解し、地域間の比較を視野に入れた研究を進めることを目指しています。ひとつの地域をよりよく理解するためには、ほかの地域にも目を向ける必要があり、自分が研究する地域が、世界のなかでどのような位置づけにあるのかを常に探究します。

最後に、基礎研究と応用研究を結合することを試みています。基礎研究とは、特定の地域の特性を深く理解することであり、応用研究とは、そうした理解にもとづいて、その地域が抱える現実的な問題、たとえば環境保全や地域開発、民族紛争といった問題を解明することです。

こうした「総合的地域研究」を推進するためには、地域密着型のフィールドワークを実施することが、教育と研究の柱になります。大学院生は、現地に入り込んで問題を掘り起こし、それを探究していくのですが、そのためには長期にわたる現地滞在が必要となります。そこで本研究科では、長期的な視野に立って研究を進めることができるようにと、博士課程5年一貫制を採用しました。

しかし、途中で修士号を取得して別の方向に進む道も開かれていますから、5年間在学するのでなければ入学できないわけではありません。 また、ほかの大学院で修士号を取得したあと、本研究科の3年次に編入することも可能です。

大学院生の研究を支援するために、平成14年度~18年度にかけて実施した21世紀COEプログラム「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成:フィールドステーションを活用した臨地教育・研究体制の推進」では、多くの学生をフィールドワークに派遣する教育研究の体制を整備しました。その後も本研究科では、次のようなプログラムの実施を通して、アジア・アフリカにかかわる教育研究の充実をはかってきました。

本研究科では「変貌するアジア・アフリカで活躍するグローバル人材の育成―国際臨地教育プログラムの開発と実践」(平成25~27年度)、そして「海外拠点の機能強化によるアジア・アフリカ地域対応の高度グローバル人材育成」(平成28年度に開始)というプログラムを実施して、大学院教育をさらに強化しています。また、平成23年度からは、学内のほかの部局と協力して、国際的なリーダーを育成するための「グローバル生存学大学院連携プログラム」を開始しました。

「総合的地域研究」とは多様で深い意味をもつものです。今後も本研究科のもつ特徴を生かしながら、地域研究の教育と研究の発展に努めてゆく所存です。

研究科長 太田 至

ページの先頭へ