教員

教 員

小坂 康之
民族植物学、自然資源管理、地域研究
生態環境論講座
名前 小坂 康之(こさか・やすゆき)
職位 准教授
専門分野 民族植物学、自然資源管理、地域研究
研究関心 アジアにおける自然環境の改変、農業の近代化、農村の過疎化などの現象を、人と植物の関係を指標に研究してきた。具体的には、農業生態系の植物相、外来植物の分布拡大、市場で販売される野生植物に関心がある。
ひとこと 子供のころ、シンガポールで暮らしました。歩いて通った華人の幼稚園が、はじめてのフィールドです。毎日、炎天下で走りまわったあと、アメリカネムノキの木陰で休みました。それからしばらくして、ラオスやインドに通いはじめ、アメリカネムノキに再会しました。アジアのフィールドワークでは、見るもの全てがめずらしく、しかしどこか懐かしさを感じます。最近は、多様な植物資源を指標にして、アジアの環境問題について考えています。
担当授業科目 自然生態論Ⅰ、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、 アジア臨地演習Ⅰ~III
研究業績
(代表論文・
著書)
1.Kosaka, Y., Saikia, B., Rai, C.K., Hage, K., Asada, H., Hui, T., Riba, T., Ando, K. 2015. On the introduction of paddy rice cultivation by swiddeners in Arunachal Pradesh, India. Tropics 24: 75-90.
2.Kosaka, Y., Lamphoune, X., Anoulom, V., Houngphet, C., Takeda, S., Kato, M. 2013. Wild edible herbs in paddy fields and their sale in a mixture in Houaphan Province, the Lao People’s Democratic Republic. Economic Botany 67: 335-349.
3.Kosaka, Y., Saikia, B., Mingki, T., Tag, H., Riba, T., Ando, K. 2010. Roadside distribution patterns of invasive alien plants along an altitudinal gradient in Arunachal Himalaya, India. Mountain Research and Development 30(3): 252-259.
4.Kosaka, Y., Takeda, S., Prixar, S., Sithirajvongsa, S., and Xaydala, K. 2006. Species composition, distribution, and management of trees in rice paddy fields in central Lao, PDR. Agroforestry Systems 67(1): 1-17.
5.Kosaka, Y., Takeda, S., Sithirajvongsa, S., and Xaydala, K. 2006. Plant diversity in paddy fields in relation to agricultural practices in Savannakhet Province, Laos. Economic Botany 60(1): 49-61.
参照URL http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kosaka/
京都大学
教育研究活動
データベース
https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/bI4eU
科学研究費
助成事業
データベース
https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=%E5%B0%8F%E5%9D%82%E5%BA%B7%E4%B9%8B
メール kosaka@asafas.kyoto-u.ac.jp
ページトップ