組  織

専攻と講座

附属センター・室等

研究科の構成

 本研究科は、東南アジア地域研究専攻、アフリカ地域研究専攻、グローバル地域研究専攻の3専攻からなります。

アジア・アフリカ地域研究研究科の構成

東南アジア地域研究専攻

東南アジアとアフリカは共に、(1)強靱な熱帯生態のもとで自生的な歴史を展開してきたという共通性をもっており、とくに東南アジアでは、(2)国家を単位とする経済発展や社会変容が加速され、他方で国家を越えた地域統合が進展しつつある。また、(3)急激な経済発展と連動しながら、生態・社会・文化が相関して新たな状況を生みだすという、多相的な展開を遂げつつある。

このような東南アジア地域の固有性を踏まえ、(1)~(3)のそれぞれの特性と課題に対応させて、本専攻には、「生態環境論」「地域変動論」「東南アジア地域論」の3つの研究指導分野を置く。

生態環境論

東南アジアの基盤をなす自然と人間活動との相互作用により形成される生態環境の特質を明らかにするため、自然生態と社会生態に関する教育研究をおこなう。

地域変動論

東南アジアの内発的発展及び変動のエネルギーと方向性に焦点を当てながら、地域発展・地域変動に関する教育研究をおこなう。

総合地域論

多面的な展開を示す生態・社会・文化が相関的に展開する実態に焦点を当て、生態相関・社会相関・地域相関に関する教育研究をおこなう。

アフリカ地域研究専攻

アフリカは、(1)強靱な熱帯生態のもとで自生的な歴史を展開してきたが、いまなお経済的な停滞状況にある。また(2)国家や社会の編成・統合の局面においても、国民国家の存在基盤が脆弱であり、民族単位での分立化、分節化の傾向が潜在している。さらに、(3)独立以降の経済発展政策が破綻したアフリカでは、地域の生態史を踏まえ、在地資源の活用と文化的な持続性を基礎とした内発的な発展が大きな課題となっている。

このようなアフリカ地域の固有性を踏まえ、(1)~(3)のそれぞれの特性と課題に対応させて、本専攻には、「地域生態論」「民族共生論」「地域動態論」の3つの研究指導分野を置く。

地域生態論

アフリカ的発展の生態的な内発的潜在力の把握を目的とし、自然との技術的・経済的な関係を主軸とした解析を進めるため、生業生態論と生態経済論に関する教育研究をおこなう。

民族共生論

アフリカの諸民族が共生しうる社会のメカニズムを探り、民族文化の多様性と相互関係を主軸とした解析を進めるために、民族文化論と地域文化論に関する教育研究をおこなう。

地域動態論

自然と人為の相互作用過程として地域の生態史を把握し、自然と人間とが共生しうる持続可能な発展を探るために、自然史論と社会生態史論に関する教育研究をおこなう。

グローバル地域研究専攻

アジア・アフリカ地域は、近年の急速なグローバル化のもとに大きく変容し、さまざまな課題(環境問題、持続的発展、貧困問題、地域紛争など)を抱えている。本専攻は、このような国際社会のさまざまな課題に関して、それらの研究と解決策に貢献しうる地域研究をめざす。 特に、グローバルな展開をしてきた広域的な地域、すなわちイスラーム世界、南アジア・インド洋世界を主な対象とすると共に、それらを越えたアジア、アフリカの地域間比較、超域的な 研究を重視する。

このような対象地域と課題を踏まえ、本専攻には、「持続型生存基盤論」、「イスラーム世界論」、 「南アジア・インド洋世界論」の3つの研究指導分野を置く。

平和共生・生存基盤論講座

グローバル化が進行するなかで、アジア・アフリカの諸地域の人々が、紛争や戦乱にどのように対応しているか、いかに平和的に共生し、自らの生存基盤をどのように持続させるかということに関して、総合的な視点から研究します。

イスラーム世界論講座

イスラーム世界を構成する一体性と多様性、並びにイスラーム世界に帰属する諸地域の思想・歴史・現代社会を総合的に研究するとともに、西欧や北米におけるイスラームをふくめた複数地域間にわたる諸問題も対象とする。

南アジア・インド洋世界論講座

南アジア地域固有の諸問題を研究するとともに、南アジアを軸としてインド洋を媒介とする全域あるいは複数地域間にわたる諸問題も対象とする。

ページの先頭へ