博士論文タイトル

授与年度 専攻(講座) 氏名 論文題目
2003 東南アジア
(連環地域論)
すえちか こうた
末近 浩太
現代シリアにおけるイスラームと政治―イスラーム改革思想とムスリム同胞団をめぐる考察―
Islam and Politics in Contemporary Syria: From Islamic Reformism to Muslim Brotherhood
2003 東南アジア
(連環地域論)
なかじま たけし
中島 岳志
現代インドにおけるヒンドゥー・ナショナリズム運動
Hindu Nationalist Movement in Contemporary India
2004 東南アジア
(連環地域論)
よこた たかゆき
横田 貴之
現代エジプトにおける大衆的イスラーム運動―ムスリム同胞団の思想と実践―
An Islamic Mass Movement in Contemporary Egypt: The Thought and Practice of the Muslim Brotherhood
2006 東南アジア
(連環地域論)
かせざわ まさと
加瀬澤 雅人
現代インドの民族医療―グローバル状況におけるアーユルヴェーダの変容―
Ethnomedicine in Contemporary India: Transformation of Ayurveda under Globalization
2006 東南アジア
(連環地域論)
あらい かずひろ
新井 一寛
エジプトにおけるタリーカの組織的革新性と宗教実践―ジャーズーリーヤ・シャーズィリーヤ教団の現代的展開―
Organizational Innovation and Religious Practice of Sufi Orders in Contemporary Egypt: With Special Reference to Jazuliya Shadhiliya
2007 東南アジア
(連環地域論)
おおば りゅうた
大庭 竜太
現代トルコにおけるクルド・ナショナリズムとイスラーム―サイド・ヌルスィーの思想とクルド系ヌルジュ運動―
The Dynamic Relationship between Kurdish Nationalism and Islam in Modern Turkey: The Cases of Said Nursi and the Kurdish Nurcu Movement
2007 東南アジア
(連環地域論)
いしざか しんや
石坂 晋哉
現代インドのガーンディー主義と環境運動―スンダルラール・ バフグナーの思想と実践を中心に―
Gandhism and Environmental Movements in Contemporary India: Ideas and Practices of Sunderlal Bahuguna
2007 東南アジア
(連環地域論)
だにしまず いでぃりす
DANISMAZ IDIRIS
トルコのスーフィズムにおける神秘的宇宙論とクルアーン解釈―イスマーイル・ハック・ブルセヴィーの『存在の五次元説』と『明証の魂』をめぐって―
Mystical Cosmology and Qur’anic Exegesis in Turkish Sufism: Ismail Hakkai Bursevi’s Five Divine Presences and Spirit of the Qur’an
2008 東南アジア
(連環地域論)
みやもと まり
宮本 万里
現代ブータンの開発政策と環境政治
Development Policies and Environmental Politics in Contemporary Bhutan
2008 東南アジア
(連環地域論)
ながおか しんすけ
長岡 慎介
現代におけるイスラーム金融―比較イスラーム経済論による理論的・実証的考察―
Understanding Islamic Finance: A Theoretical and Empirical Analysis in Comparative Islamic Economic Studies
2009 東南アジア
(連環地域論)
とびな ひろみ
飛奈 裕美
イスラエル占領下東エルサレムのパレスチナ人社会―日常生活における非暴力的抵抗―
Palestinian Society in East Jerusalem under Israeli Occupation: Non-violent Resistance in Everyday Life
2009 東南アジア
(連環地域論)
ふじい ちあき
藤井 千晶
東アフリカ沿岸部における「スンナの医学」―イスラームをめぐる伝統と改革―
The ‘Medicine of the Sunna’ on the East African Coast: Tradition and Innovation of Islam
2009 東南アジア
(連環地域論)
たけだ としゆき
竹田 敏之
現代アラビア語の成立とアラブ世界の形成―文法改革と現代標準語の普及を中心に―
The Emergence of Modern Arabic and the Formation of the Arab World:
With Special Reference of the Reform of Arabic Grammar and the Spread of Standardized Arabic
2009 東南アジア
(連環地域論)
やまお だい
山尾 大
現代イラクにおける政治変動とイスラーム主義運動―ダアワ党の組織展開と思想変容をめぐる実証的研究―
Political Changes and Islamist Movements in Modern Iraq:
The Da‘wa Party and its Organizations, Political Activities and Ideologies
2010 東南アジア
(連環地域論)
ふなはし けんた
舟橋 健太
現代インドの「改宗仏教徒」―ウッタル・プラデーシュ州における「不可触民」のアイデンティティの諸相―
‘Converted-Buddhists’ in Contemporary India:
Shifting Aspects of Identity among the ‘Untouchables’ in Uttar Pradesh
2010 東南アジア
(連環地域論)
そなむ きんが
Sonam Kinga
Society, Kingship and Politics: A Study of the Democratization Process in Contemporary Bhutan
社会、王権、政治―現代ブータンにおける民主化過程の研究―
2010 東南アジア
(連環地域論)
あきやま あきこ
秋山 晶子
現代南インドにおける有機農業―ケーララ農村における小規模農民と有機農業認証制度―
Organic Agriculture in Contemporary South India:
Small-Scale Farmers and Organic Certification in Rural Kerala
2010 東南アジア
(連環地域論)
くろだ けんじ
黒田 賢治
現代イランにおけるイスラーム国家と法学界の研究―イスラーム指導体制下の宗教と政治をめぐって―
The State, Society and Jurists’ Establishment in the Contemporary Iran:
A Study on Religion and Politics in the Islamic Republic of Iran
2010 東南アジア
(連環地域論)
ひらの じゅんいち
平野 淳一
近現代イスラーム世界におけるイスラーム連帯と宗教的融和―アフガーニー思想からその現代的展開まで―
Islamic Solidarity and Religious Rapprochement in the Modern Islamic World:
From al-Afghani to the Contemporary Islamic Revival
2010 東南アジア
(連環地域論)
ほりぬき こうじ
堀拔 功二
アラブ首長国連邦における国家運営と社会変容―「国民マイノリティ国家」の形成と発展―
State Administration and Social Transformation in the United Arab Emirates:
Formation of “National-Minority State” and its Developments
2010 東南アジア
(連環地域論)
しゃいら しゃるみーん
Shaila Sharmeen
Politics of Development and Social Change:
The Munda in Contemporary Barind, Bangladesh
開発の政治と社会変容 -現代バングラデシュ・バリンド地方のムンダ人-
2011 東南アジア
(連環地域論)
とくおか(しめ) たいすけ
徳岡(七五三) 泰輔
バングラデシュにおける参加型環境保全プロジェクトの研究―参加型開発を通した政治実践と社会変革―
A Study of Participatory Environmental Conservation Project in Bangladesh:
Politics and Social Reform through Participatory Development
2011 東南アジア
(連環地域論)
やすだ しん
安田 慎
現代イスラームにおける宗教ツーリズム―シリア・シーア派参詣を中心に―
Religious Tourism in Contemporary Islam: A Case of Syrian Shi’ ite Religious Visit
2011 東南アジア
(連環地域論)
やまお(きのした) ひろこ
山尾(木下) 博子
現代インドネシアにおける中東留学者のネットワークと活動―アズハル大学出身者の社会的役割に関する研究―
The Networks and Activities of the Middle Eastern Graduates in Contemporary Indonesia: A Study on the Social Role of al-Azhar Alumni
2011 東南アジア
(連環地域論)
むはんまど はーきみー びん むはんまど しゃーふぃいー
Muhammad Hakimi Bin Mohd Shafiai
Islamic Finance for Agricultural Development: Theoretical and Practical Considerations with Special Reference to the Activation of Idle Land in Malaysia
農業開発におけるイスラーム金融の応用―マレーシアにおける遊休地の活性化をめぐる理論的・実証的考察―
2012 東南アジア
(連環地域論)
きのした あきこ
木下 彰子
現代インドにおける中間層ヒンドゥー教徒の宗教実践―大量生産される宗教画・神像をめぐって―
Religious Practices of Middle-class Hindus in Contemporary India:
Worship of Mass-produced God Prints and Idols
2012 東南アジア
(連環地域論)
まるやま だいすけ
丸山 大介
現代スーダンにおけるスーフィズムとタリーカ―超越性・規範性・共同性―
Sufism and Tariqa in Contemporary Sudan: Transcendence, Norms and Communality
2012 東南アジア
(連環地域論)
なかにし ひろあき
中西 宏晃
ポスト冷戦期におけるインド核政策の変容
Transformation of India’s Nuclear Policy in the Post-Cold War Era
2012 東南アジア
(連環地域論)
はぎはら じゅん
萩原 淳
サウディアラビアの経済発展とエネルギー政策―省エネルギー問題を中心として―
Economic Development and Energy Policy in Saudi Arabia: Focusing on Energy Conservation Issues
2012 東南アジア
(連環地域論)
いまい しづか
今井 静
現代中東の中のヨルダン国家―紛争地域のポリティクスと地域経済―
The Jordanian State in the Contemporary Middle East: Politics and Economics of Regional Conflicts
2012 東南アジア
(連環地域論)
すなが えみこ
須永 恵美子
パキスタンにおけるイスラーム復興とウルドゥー語出版―マウドゥーディーの著作と思想をめぐって―
Islamic Revival and Urdu Publication in Pakistan:
A Study of Maulana Maududi as a Writer and a Thinker
2012 東南アジア
(連環地域論)
ちば ゆうし
千葉 悠志
現代アラブ・メディア圏の形成と展開―汎アラブ・ラジオ放送から衛星放送へ―
The Formation and Transformation of the Media Sphere in the Contemporary Arab World:
From the Pan-Arab Radio Service to Satellite Television
2012 東南アジア
(連環地域論)
ところ ゆうこ
所 木綿子
19世紀アルジェリアにおける他宗教理解の試み―イスラーム知識人アブドゥルカーディルのキリスト教徒観を中心に―
An Attempt to Understand Other Religions in 19th Century Algeria:
An Islamic Intellectual al-Amīr ‘Abd al-Qādir al-Jazā’irī’s Notions of Christians
2013 東南アジア
(連環地域論)
なかむら さえ
中村 沙絵
スリランカのヴァディヒティ・ニヴァーサ(高齢者の家)―施設における老いと扶養に関する人類学的研究―
Väḍihiṭi Nivāsa(Home for Elders) in Sri Lanka: An Anthropological Study on Aging and Support in Institutional Settings
2013 東南アジア
(連環地域論)
かわむら あい
川村 藍
中東・湾岸諸国におけるイスラーム金融と民事紛争処理制度―ドバイ・アプローチの解析と評価―
Islamic Finance and Dispute Resolution Systems in the Middle East and the Gulf: Analysis and Assessment of Dubai Approach
2013 グローバル
(イスラーム世界論)
いしだ ゆり
石田 友梨
インドにおけるイスラーム改革思想とスーフィズム―シャー・ワリーウッラーをめぐる学者ネットワークからの考察―
Islamic Reformism and Sufism in India:
A Consideration from the Scholarly Network around Shāh Walī Allāh
2013 グローバル
(持続型生存基盤論)
こばやし あつし
小林 篤史
19世紀における東南アジア域内交易の発展 ―シンガポールの役割を中心に―
The Development of Intra-Southeast Asian Trade in the Nineteenth Century: With Reference to the Role of Singapore
2013 グローバル
(南アジア・インド洋世界論)
ばすかる ごうたむ
Bhaskar Gautam
Structuring of Communism in Nepali Politics
ネパール政治における共産主義の構成
2014 東南アジア
(連環地域論)
そのなか ようこ
園中 曜子
トルコ共和国におけるヴィジュアル公共圏の成立と展開―複合社会をつなぐ承認と共感のコミュニケーション―
Formation and Development of the Visual Public Sphere in the Republic of Turkey: Communication of Recognition and Sympathy in a Plural Society
2015 東南アジア
(連環地域論)
やまぎし のぶお
山岸 伸夫
現代インドにおける食と宗教―クリシュナ意識国際協会の奉仕を通じた味わいの共同性―
Food and Religion in Contemporary India:
Gustatory Community formed through Service by International Society for Krishna Consciousness
2015 東南アジア
(連環地域論)
いいだ れいこ
飯田 玲子
インドにおける大衆芸能と都市文化 ―観衆と共に現代を生き抜くタマーシャー―
Popular Performing Arts and Urban Culture in India: Contemporary Transformation of Tamāśā along with its Audience
2015 グローバル
(イスラーム世界論)
ふたつやま たつろう
二ッ山 達朗
現代チュニジアのイスラーム信仰実践におけるマテリアリティ―クルアーン装飾具とオリーブの事例から―

Materiality of Islamic Religious Practices in Contemporary Tunisia: A Case Study of Qur’ān Ornaments and Olive Trees
2015 グローバル
(イスラーム世界論)
さとう まりえ
佐藤 麻理絵
現代中東における難民問題とイスラーム的NGO―難民ホスト国ヨルダンの研究―

Refugee Crisis and Islamic NGOs in the Contemporary Middle East: A Case Study of Jordan
2016 グローバル
(南アジア・インド洋世界論)
あんねん まいこ
安念 真衣子
現代ネパールにおけるリテラシー実践―読み書きをめぐるタマンの行為主体性に着目した民族誌的研究―
Literacy Practices in Contemporary Nepal: An Ethnographic Study Focusing on Agency over Reading and Writing among the Tamang
2016 グローバル
(南アジア・インド洋世界論)
いのうえ はるお
井上 春緒
ヒンドゥスターニー音楽の成立―ペルシャ語音楽書からみる北インド音楽文化の変容―
The Emergence of Hindustani Music: Transformation of Music Culture in Northern India as Observed in Persian Treatises of Music
2016 東南アジア
(連環地域論)
かわなか かおる
川中 薫
現代インド・デリーのアパレル産業―縫製工ネットワークと状況適応的生産―
Apparel Industry in New Delhi, India: Network of Tailors and Situationally-adaptive Production Organization
2016 グローバル
(イスラーム世界論)
くろだ あやか
黒田 彩加
現代エジプトにおける宗教と国家―中道派にみるイスラーム政治思想の現代的展開―
Religion-State Relationships in Contemporary Egypt: The Emergence of Centrism in Islamic Political Thought
2016 東南アジア
(連環地域論)
たかた ようへい
高田 洋平
ネパール・カトマンドゥにおけるストリート・チルドレンの日常的実践に関する民族誌的研究
An Ethnographic Study of Everyday Practices of Street Children in Kathmandu, Nepal
2016 グローバル
(南アジア・インド洋世界論)
ちゃや ともゆき
茶谷 智之
現代インドにおける子育ての民主化―子どもの教育と福祉をめぐるスラム住民の交渉可能性―
Democratization of Child-rearing in Contemporary India: Negotiative Possibilities of Slum-dwellers over Children’s Education and Welfare
2016 グローバル
(イスラーム世界論)
ハシャン アンマール
KHASHAN AMMAR
イスラーム経済の法的典拠をめぐる歴史的解釈と現代的再構築―無利子金融とハラール食品を中心に―
Legal Sources for Islamic Economics, Its Historical Interpretations and Contemporary Reconstruction: With Special Reference to Non-Riba Finance and Halal Food
pagetop