藤田 幸一 教授

教員プロフィール

藤田 幸一 教授

藤田 幸一 教授

メールアドレス:kfujita [a] cseas.kyoto-u.ac.jp
本務先:京都大学東南アジア研究所
本務個人ページhttp://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/about/staff_all/division3/fujita/
講座:平和共生・生存基盤論講座

専門分野(ディシプリン)

    農業経済学、アジア地域研究

研究テーマ

    現代東南アジア・南アジアの農業・農村問題

研究内容

    農業経済学をバックグラウンドとして、東南アジアから南アジア一帯の農業や農村経済社会の構造とその変化の解明をめざして調査研究をしている。これまで、特に集中して研究してきた地域(国家)は、バングラデシュ、インド(西ベンガル、タミルナードゥ、ビハール、パンジャーブ)、ミャンマー、ラオス、ベトナムである。その際、モンスーン・アジアの地域間比較の視点を持ちつつ、また歴史研究を重視し、現代の問題を地域固有の史的発展径路と関連づけて考察する努力をしている。具体的トピックスは、土地制度、水利・灌漑、農法・農業技術、農産物流通、農村金融、協同組合等農村組織、労働市場、農村社会、地方行政など多岐にわたり、フィールドワークを基礎とする総合的な農村理解をめざしている。

所属学会

    日本農業経済学会、アジア政経学会、日本南アジア学会

業績

    著書(編著を含む)
    1.藤田幸一『バングラデシュ農業発展論序説-技術選択に及ぼす農業構造の影響を中心に』農業総合研究所、研究叢書114号、1993年2月、1-267.
    2.藤田幸一『バングラデシュ 農村開発のなかの階層変動-貧困削減のための基礎研究』京都大学学術出版会、2005年1月、1-287.
    3.藤田幸一(編)『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて-』アジア経済研究所、2005年10月、1-341.
    4.Koichi Fujita, Fumiharu Mieno, and Ikuko Okamoto eds., Economic Transition in Myanmar after 1988: Market versus Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 1-322.
    5.Koichi Fujita, Re-thinking Economic Development: The Green Revolution, Agrarian Structure and Transformation in Bangladesh, Kyoto University Press and Trans Pacific Press, 2010, 1-302.
    6.杉原薫・脇村孝平・藤田幸一・田辺明生(編)『歴史のなかの熱帯生存圏―温帯パラダイムを超えて』、京都大学学術出版会、2012年、1-536.

    主な論文
    1.藤田幸一「バングラデシュにおける農業発展-農業構造と技術変化の関連を中心に」『アジア経済』27巻12号、1986年12月、2-23.
    2.藤田幸一「『緑の革命』と所得分配-バングラデシュの灌漑水市場の分析を通じて」『農業経済研究』66巻4号、1995年3月、181-191.
    3.藤田幸一「村落公共機能の強化をめざして-バングラデシュ農村開発の新戦略」『東南アジア研究』33巻1号、1995年6月、25-38.
    4.藤田幸一「バングラデシュ農村非制度金融の新動向-階層間金融フローの『逆転』をめぐって」『農業総合研究』49巻3号、1995年7月、1-57.
    5. Koichi Fujita and Feroz Hossain, “Role of the Groundwater Market in Agricultural Development and Income Distribution: A Case Study in a Northwest Bangladesh Village”, The Developing Economies 33(4), December 1995, 442-463.
    6.藤田幸一・岡本郁子「ミャンマー乾期灌漑稲作経済の実態-ヤンゴン近郊農村フィールド調査より」『東南アジア研究』38巻1号、2000年6月、22-49.
    7.Koichi Fujita, ”Credit Flowing from the Poor to the Rich: The Financial Market and the Role of the Grameen Bank in Rural Bangladesh”, The Developing Economies 38(3), September 2000, 343-373.
    8.藤田幸一「1990年代バングラデシュにおける地下水市場の変容-非効率の構造と所得分配への含意」『アジア経済』42巻6号、2001年6月、26-53.
    9.藤田幸一・Ashok Kundu「インド・西ベンガル州の農業発展と管井戸灌漑-ノディア県一農村調査より」『アジア経済』43巻7号、2002年7月、2-22.
    10. 藤田幸一「インド農業論-技術・政策・構造変化」絵所秀紀編『講座現代南アジア2 経済自由化のゆくえ』東大出版会、2002年9月、97-119.
    11.藤田幸一「制度の経済学と途上国の農業・農村開発-政府・市場・共同体のはざまにて」『農業経済研究』74巻2号、2002年9月、pp.58-68.
    12. Koichi Fujita, Ashok Kundu and W.H.M. Jaim, “Groundwater Market and Agricultural Development in West Bengal: Perspectives from a Village Study”, Japanese Journal of Rural Economics 5, March 2003, 51-65.
    13.藤田幸一「90年代ミャンマーの稲二期作化と農業政策・農村金融-イラワジ管区一農村調査事例を中心に」『経済研究』54巻4号、2003年10月、300-314.
    14.Khondakar Golam Moazzem and Koichi Fujita, “Marketing System of Potato and Its Changes in Bangladesh”, The Developing Economies 42(1), March 2004, 300-314.
    15.Koichi Fujita, “Groundwater Market in Bengal: Emergence and Transformation”, 『経済学雑誌』(大阪市立大学経済学会)105巻1号、2004年6月、21-47.
    16.栗田匡相・岡本郁子・黒崎卓・藤田幸一「ミャンマーにおける米増産至上主義政策と農村経済-8ヵ村家計調査データによる所得分析を中心に」『アジア経済』45巻8号、2004年8月、pp.2-37.
    17. 藤田幸一「農村の貧困と開発の課題」絵所秀紀・穂坂光彦・野上裕生編『貧困と開発』日本評論社、2004年9月、57-77.
    18.藤田幸一「ミャンマーにおける市場経済化と経済発展構造」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、3-23.
    19.藤田幸一・岡本郁子「開放経済移行下のミャンマー農業」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、169-229.
    20.藤田幸一「ミャンマーにおける市場経済化と農業労働者層」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、273-307.
    21.ナンミャーケーカイン・藤田幸一「市場経済移行下のミャンマーにおける都市雑業層」藤田幸一編『ミャンマー移行経済の変容-市場と統制のはざまにて』アジア経済研究所、2005年9月、309-334.
    22.藤田幸一「インドの食料問題と食料政策-その構造と展望」『国際開発研究』15巻2号、2006年11月、51-64.
    23.藤田幸一・岡通太郎・アショククンドゥ「インド・シッキム州の一農村調査報告」『アジア経済』74巻3号、2008年3月、30-54.
    24.藤田幸一「ミャンマーの「貧困」問題-食料政策との関連を中心に」工藤年博編『ミャンマー経済の実像-なぜ軍政は生き残れたか』アジア経済研究所、2008年3月、117-145.
    25.藤田幸一「南アジアの農村社会構造と農業集約化―「東アジア小農社会」との対比で」竹中千春・高橋信夫・山本信人編『現代アジア研究2 市民社会』慶應義塾大学出版会、2008年12月、109-131.
    26.Koichi Fujita, “Worlds Apart: Peasants in Japan and Agricultural Laborers in Bangladesh”, International Journal of South Asian Studies, Volume 2, 2009, 87-104.
    27. Koichi Fujita, Fumiharu Mieno, and Ikuko Okamoto, “Myanmar’s Economic Transformation after 1988”, Fujita, Mieno and Okamoto ed., The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 1-19.
    28.Koichi Fujita and Ikuko Okamoto, “Overview of Agricultural Policies and the Development in Myanmar”, Fujita, Mieno and Okamoto ed., The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 169-215.
    29.Koichi Fujita, “Agricultural Labourers in Myanmar during the Economic Transition: Views from the Study of Selected Villages”, Fujita, Mieno and Okamoto ed., The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 246-280.
    30.Nang Mya Kay Khaing and Koichi Fujita, “Urban Informal Sector Labourers in Yangon”, Fujita, Mieno and Okamoto ed., The Economic Transition in Myanmar after 1988: Market Economy versus State Control, Kyoto University Press and National University of Singapore Press, 2009, 281-306.
    31.Koichi Fujita and Keiko Sato, “Self-Help Groups and the Rural Financial Market in South India: A Case Study of a Tamil Nadu Village”, Southeast Asian Studies, 49(1), June 2011, 74-92.
    32. Muniandi Jegadeesan and Koichi Fujita, “Deterioration of the Informal Tank Institutions in Tamil Nadu: Caste-Based Rural Society and Rapid Economic Development in India”, Southeast Asian Studies, 49(1), June 2011, 93-123.
    33. 藤田幸一「モンスーン・アジアの発展径路―その固有性と多様性」杉原薫・脇村孝平・藤田幸一・田辺明生編『歴史のなかの熱帯生存圏―温帯パラダイムを超えて』京都大学学術出版会、2012年、271-302.
    34. 藤田幸一「ミャンマーの農業と農村発展―稲作部門を中心に―」尾高煌之助・三重野文晴編『ミャンマー経済の新しい光』、勁草書房、2012年9月、65-98.
    35.藤田幸一・遠藤環・岡本郁子・中西嘉宏・山田美和「タイにおけるミャンマー人移民労働者の実態と問題の構図―南タイ・ラノーンの事例から」『東南アジア研究』50巻2号、2013年1月、157-210.
    36. Koichi Fujita, “Growth and Stagnation of Agriculture in Eastern India and Bangladesh”, The Brown Journal of World Affairs, XX (I), 2013, 179-190.
    37. Koichi Fujita and Keiko Sato, “SHGs for Poverty Alleviation: Insights from a Tamil Nadu Village under Rapid Economic Development”, Bhandari, A.K. and A. Kundu, ed., Microfinance, Risk-taking and Livelihood, Spinger, 2014, 69-85.
    38. 藤田幸一・佐藤慶子「インドにおけるマイクロファイナンス―高度経済成長下のその実態、役割、および限界」福井清一編『新興アジアの貧困削減と制度』勁草書房、2014年、165-186.
    39. 藤田幸一・柳澤雅之・大野昭彦「市場経済移行下ヴェトナム紅河デルタの行政と農村社会―2011~12年現地調査に基づく試論」『青山学院大学経済論叢』第92号、2014年、53-95.
    40. 藤田幸一・押川文子「ビハール―農業停滞による貧困化」柳澤悠・水島司編『激動のインド4 農業と農村』日本経済評論社、2014年、233-271.
    41.藤田幸一「西ベンガル―土地改革は何をもたらしたか」柳澤悠・水島司編『激動のインド4 農業と農村』日本経済評論社、2014年、273-301.
    42.藤田幸一「開発行政と農村社会」柳澤悠・水島司編『激動のインド4 農業と農村』日本経済評論社、2014年、305-357.
    43.藤田幸一「インド農業の現段階」柳澤悠・水島司編『激動のインド4 農業と農村』日本経済評論社、2014年、389-422.
    44.Muniandi Jegadeesan and Koichi Fujita, “Knitted Together: The Life of Migrants in Tiruppur Garment Cluster”, Shuji Uchikawa ed., Industrial Clusters, Migrant Workers, and Labour Markets in India, Palgrave Macmillan, 2014, 62-88.
    45.Suresh Kumar and Koichi Fujita, “Industrial Growth and Indian Agriculture: Insights from Two Villages near Tiruppur, Tamil Nadu”, Shuji Uchikawa ed., Industrial Clusters, Migrant Workers, and Labour Markets in India, Palgrave Macmillan, 2014, 149-175.
    46.Koichi Fujita, “How Agriculture in Bihar Lagged Behind: Implications for Future Development”, Yuko Tsujita ed., Inclusive Growth and Development in India: Challenges for Underdeveloped Regions and the Underclass, Palgrave Macmillan, 2014, 40-73.
    47. Akihiko Ohno and Koichi Fujita, “Introduction: Savings Groups in Laos from a Comparative Perspective”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary issue), 2015, 3-14.
    48.Koichi Fujita, Akihiko Ohno, and Chansathith Chaleunsinh, “Performance of Savings Groups in Mountainous Laos under Shifting Cultivation Stabilization Policy”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary issue), 2015, 39-71.
    49. Chansathith Chaleunsinh, Akihiko Onho, Koichi Fujita, and Fumiharu Mieno, “An Analysis on Borrowing Behavior of Rural Households in Vientiane Municipality: Case Study of Four Villages”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary issue), 2015, 113-133.
    50.Koichi Fujita, “The Excess Funds Problem of Savings Groups in Laos: Case Study of a Village in Vientiane Municipality”, Southeast Asian Studies (Special issue on Credit Union Movement in Laos), Vol. 3 (Supplementary issue), 2015, 135-155.
    51.藤田幸一「独立後インドの経済発展径路―多様性と階層性のガバナンス」田辺明生・杉原薫・脇村孝平編『現代インド1 多様性社会の挑戦』東大出版会、2015年、279-303.
    52. Koichi Fujita, “Agriculture and Rural Development in Myanmar: With a Focus on Rice Sector”, Konosuke Odaka ed., The Myanmar Economy: Its Past, Present, and Prospects, Springer, 2015, 97-129.
    53.翟亜蕾・藤田幸一「ミャンマー・コーカン自治区における麻薬代替開発と農村の社会経済変容―サトウキビ契約栽培導入のインパクトを中心に―」『アジア経済』(採択済み)
pagetop