中村 沙絵 准教授

教員プロフィール

中村 沙絵 准教授

中村 沙絵 准教授

メールアドレス:nakamura [a] asafas.kyoto-u.ac.jp

講座:南アジア・インド洋世界論講座

専門分野(ディシプリン)

    南アジア地域研究、文化人類学

研究テーマ

    ①スリランカの文化・社会・政治
    ②南アジアにおける高齢化と福祉
    ③南アジアにおける家族・ジェンダー・世代間関係の再編
    ④社会的苦悩をめぐるケアや人道主義の地域的/グローバルな展開

研究内容

    南アジアにおける老いとケアの問題について、主にスリランカをフィールドに人類学的な研究を行ってきた。特に、近年都市部で増えつつある老人施設での調査から、老いとその扶養や看取りの現場において、間身体性に基づく親密圏やケア倫理が構築されつつあることを明らかにしてきた。苦悩、身体、ケアといった医療人類学における諸テーマに加え、喜捨や人道主義など、広義の「贈与」とよばれる現象にも関心がある。

    My academic concerns are broadly aimed at themes in medical anthropology with a focus on the anthropology of suffering, care, ethics and humanitarianism. I have carried out intensive field work in an old age people’s home in Sri Lanka, and explored and studied how issues of aging, dying and it’s care are handled in particular kinds of institutional contexts. In a sense, I am keen to understand how the ‘intimate’ is constructed through notions of the ethics of care and by practices that shape inter-personal /-corporeal encounters.

所属学会

    日本南アジア学会、文化人類学会、国際人類民族科学連合

業績

    著書
    中村 沙絵.2017.『響応する身体―スリランカの老人施設ヴァディヒティ・ニヴァーサの民族誌―』ナカニシヤ出版.
    中村 沙絵.2017(予定).「剥き出しの生が媒介する共同性―スリランカの老人居住施設における老いと看取りの現場から考える―」田中雅一、石井美保編著『インド剥き出しの世界』春秋社.
    中村 沙絵. 2013.「家族のかたち―流動化する現代社会の中で」杉本良男、高桑史子、鈴木晋介編『スリランカを知るための58章』明石書店.
    中村 沙絵. 2013.「ペラヘラの通る夜―祭礼の行進は暮らしのなかを行く」『スリランカを知るための58章』明石書店.
    中村 沙絵. 2013. 「住まう―オープンベランダからの風景」『スリランカを知るための58章』明石書店.
    戸田美佳子、中村沙絵、吉村千恵著.2009.『ケアをめぐる実践(大学院教育改革プログラム院生発案共同研究報告書)』松香堂書店.
    研究論文
    中村 沙絵. 2014.「スリランカのヴァディヒティ・ニヴァーサ―施設における老いと扶養に関する人類学的研究―」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科提出博士学位論文.
    中村 沙絵.2014.「スリランカ・シンハラ社会における施設での看取りと死に関する一考察」『アジア・アフリカ地域研究』174-211頁.
    中村 沙絵.2011.「現代スリランカの慈善型老人ホームとダーナ」『南アジア研究』100-120頁.
    中村 沙絵. 2011.「現代スリランカにおける慈善型老人ホームの成立―ダーナを通したチャリティの土着化」『アジア・アフリカ地域研究』257-288頁.

    中村 沙絵.2008.「スリランカの老人ホームと近隣社会―積徳・ 慈善・福祉としてのケア―」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科提出博士予備論文(修士論文相当).
    中村 沙絵. 2007.「スリランカの老人―来世に向かった慈善・積徳行為―」『アジア・アフリカ地域研究』117-121頁.
    国際学会発表
    Nakamura, Sae. 2015. “Sensibilities towards suffering and care relationships: An examination of narratives and daily practices of old-age home residents in southwest coast of Sri Lanka,” Annual Conference of IUAES, Bangkok, Thailand, July 15th, 2015.
    Nakamura, Sae. 2015. “Ethics of vulnerability: Care of the dying in old folk’s home in Sri Lanka,” 1st AIBR International Conference of Anthropology, Madrid, Spain, July 7th 2015.
    Nakamura, Sae. 2014. “When ‘Destitute’ Turn Into Respected Old People: Performative Aspect of Dana (gift) Relationship at Old Folks’ Home in Sri Lanka,” KINDAS International Seminar on Aging in USA and Sri Lanka, Kyoto, Japan, May 20th 2015.
    Nakamura, Sae. 2014. “Practice and Narratives Surrounding End-of-Life Care in an Institutional Setting: A Case Study of Vadihiti Nivasa (Home for Elders) on South-Western Coast of Sri Lanka,” Annual Conference of the IUAES, Chiba, Japan, May 16th 2014.
    Nakamura, Sae. 2013. “Narratives surrounding end-of-life care in an institutional setting: a case study of an old age home on the southwest coast of Sri Lanka” KINDAS International Seminar on Aging and Narrative in Sri Lanka and Japan, December 19th 2013.
    Nakamura, Sae. 2010. “Ageing, Care and Civic Engagement: Case Study of an Elderly Home in a Southwest Coastal Urban Community of Sri Lanka,” 38th Annual Conference on South Asia, Wisconsin-Maddison, U.S.A, October 23rd 2010.

pagetop