本文へスキップ

       Society for Nature and Agriculture in Southeast Asia


 本研究会は、アジアの自然環境や人々の暮らしについて、学際的に意見交換する、
自由参加のオープンな会です。
 研究会終了後には、懇親会も予定していますので、お気軽にご参加ください。

お知らせ次回のご案内

  • 話題提供者 
   向井道彦 氏(一般社団法人 農山漁村文化協会)

  • 日時
   2017年12月15日(金)16:00-18:00

  • 場所
   京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
   総合研究2号館4階大会議室(AA447)

  • 題目
  日本の元気な農家とその関心-月刊『現代農業』の普及活動から


  • 要旨
 本発表では、まず私が出会った日本の元気な農家と、彼らの関心事をお話します。岡山県新見市豊永地区のブドウ専業農家の事例(①)、広島県三次市の稲作担い手農家、藤原農場の事例(②)、広島県三次市のJA三次・女性部の母ちゃん農家の事例など、元気でたくましい農家を、時間の許す限りご紹介したいと思います。また、私たちが農村を訪問するときの「地域俯瞰」の方法論もご紹介します。数時間から数日間の短期間でいかに地域に迫るか?皆さんのご意見も頂きたいと思います。発表を聞いて農山漁村文化協会(農文協)に興味をもたれた方、是非一緒に仕事をしましょう。
※①②については『現代農業』2017年12月号に掲載されています。是非ご覧になってください。




新着情