フィールドワーク活動

嶋村鉄也 (愛媛大学農学部准教授)

調査期間 2009年4月30日~2010年4月29日
国/地域 インドネシア、中央カリマンタン州・パランカラヤ・パランカラヤ大学国際熱帯泥炭管理センター(CIMTROP)のSetia Alam調査区
テーマ Effects of Plant Diversity on Carbon Sequestration in a Tropical Peat Swamp Forest
特徴 在大阪インドネシア総領事館より推薦書を受領しRistekへ送付したが、Visaの取得は在ロンドンインドネシア領事館で行った。
報告
フィールドステーションフィールド便り
    メルマガ写真館
      調査の手続き・調査許可
      ページトップ