院生紹介

平和共生・生存基盤論講座

名前 研究テーマ
ANGTHONG SUTTIPONG Role of the Rubber Smallholders’ Cooperatives in the development of rubber smallholders and rubber industry in Thailand
岡部 友樹 レバノン政治におけるパレスチナ人難民問題の展開
桐原 翠 ディアスポラ・アフガニスタン知識人とイスラーム・コスモポリタ二ズム
NAY MYO THIHA HAN ミャンマー農村部における満たされない金融サービスに対する規範的研究
向田 公輝 ポスト冷戦期インドにおける対パキスタン外交
望月 葵 シリア難民の生存基盤と帰属問題に関する研究
本山 可南子 インドにおいて教育が社会集団間に与える影響について
吉田 智聡 アラビア半島におけるアラブ・シーア派
WU YUNXI ベトナムにおけるウーロン茶産業-台湾との関係に注目して

イスラーム世界論講座

名前 研究テーマ
石川 喜堂 ペルシャ文化圏におけるスーフィー詩の発展と変容
岩倉 洸 ソビエト期アゼルバイジャンにおけるイスラーム政策
川向 善基 現代イランにおけるイスラーム経済とガルズ・アルニハサネ基金
庄司 翼 ウズベキスタンの民衆イスラームにおける幽精(ジン)信仰
末野 孝典 西アフリカにおけるイスラーム思想と運動
住吉 大樹 トルコにおけるイスラーム経済の台頭とアナトリアの虎
棚橋 由賀里 モロッコにおけるタリーカの形成と発展
本間 流星 南アジアのイブン・アラビー学派
松田 和憲 19世紀南アジアにおけるスーフィズムとタリーカの変容
真殿 琴子 オスマン朝におけるスーフィズム思想とその社会的影響
水野 祐地 現代インドネシアにおける社会変容とイスラームの知の担い手

南アジア・インド洋世界論講座

名前 研究テーマ
浅井 薰 現代ブータンにおける起業という選択
石内 良季 現代ブータンにおける君主制の役割について
井上 登紀子 スリランカ内戦によるムスリム国内避難民についての研究
賀川 恵理香 現代パキスタンにおけるパルダの諸相
工藤 太地 インド指定部族の社会移動への意識とその実践-タミル・ナードゥ州Paniyan部族の事例
久保田 和之 現代インドにおける商人ネットワークとバザール
GOGATE MAHESH MADHAV Demography and Culture: Reconsidering the Decline of Traditional Water Reservoir System in Varanasi, India
清水 加奈子 スリランカにおけるインド・タミル人清掃労働者の研究―差別に抗するマイノリティーの日常実践
高道 由子 ネパールにおける手工芸品製作と支援活動
THAPA SHARMILA Japan’s foreign policy to Nepal:A Study of Development Partnership Trend from 2006-2016
鶴田 星子 現代インドにおける異宗教間結婚と宗教間共生の可能性
中江 優花 インドにおける障害者の生活
中村 友香 ネパールにおける非感染性疾患をめぐる地域住民の認識と行動
本山 可南子 現代インドにおいて教育が社会集団間の相互認識にもたらす影響
吉沢 加奈子 インド、ミゾラム州における青年団の歴史変容
趙 唯杰 インド・ヒマラヤ地域におけるトラウマを受けた子供への音楽・動物介在治療
  • Kubota3
  • Higa2
  • Fujikura4
pagetop