水野 祐地

水野 祐地

研究テーマ

   現代インドネシアにおける社会変容とイスラームの知の担い手

研究内容

    1. インドネシア社会は、1998年に民主主義体制への移行を経験して以後、それまで独裁体制下で抑圧されてきた様々なイスラーム運動が顔を出し、社会変容や政治課題に影響を及ぼしつつあります。私の研究は、その中でもイスラーム的により保守的とされる思想を抱擁する集団に焦点を当てています。具体的には、ゴントールと呼ばれるインドネシア屈指のイスラーム宗教学校での教育や、ゴントール出身のウラマー(イスラーム法学者)の社会における活躍を研究対象としています。彼らは、アル=アッタースの「イスラーム化」思想に影響を受けており、イスラーム化や世俗化という点で、他の様々なインドネシアの保守的なイスラーム組織・集団と比較しより知的でかつ特徴的な考え方を抱擁しています。ゴントールを通して、インドネシアにおいて今後イスラーム化がどのような形態を取りゆくのか見ていくことが本研究の狙いです。

       

         

             ゴントールのイスラーム宗教学校

pagetop