1. ホーム
  2. 女子中高生のための地域研究

地域研究とはなんだろう

【中高生のための地域研究】
・地域研究とはなんだろう
ASAFASの大学院生は、アジアやアフリカなど日本とは異なる地域に出かけ(ただしコロナ禍で渡航できない時期は国内調査をしています)、その地域を知るために現地調査を行っています。その研究テーマにより、調査内容はさまざまです。農業をテーマにする人は、農村に住み込んで村の人たちに農業や作物について教えてもらい、畑の大きさを測らせてもらったり、ときには一緒に農作業をするでしょう。イスラームの思想を学ぶ人は、その国の図書館でテーマにそった資料を収集し、読み込み、また現地の知識人の話を聞かせてもらったりするでしょう。地域研究は、その地域にまつわる生活・文化・経済・社会・政治・思想などを現地で学び、理解する学問だといえます。

現地に飛び込んで調査することは勇気がいることで、安全対策も欠かせません。しかし、「おっくうだ」と思わずにやってみると、地域研究は他の学問にはない魅力があることがわかるでしょう。百聞は一見に如かずといいますが、行くまでは想像もしなかった事を、周りの協力を得ながら発見していくことは、何にもかえがたい喜びと充実感があります。また、現地で協力してくれる方々との交流は、調査や研究を超えて続くこともあります。それも、地域研究者の財産になります。

みなさんも、ASAFASで地域研究にチャレンジしてみませんか。これからの毎日のなかで、さまざまな国や地域の情報にふれ、とくに興味を惹かれること、これをもっと知りたい、といったことをたくさんもって、ASAFASを受験してください。文献やネットの情報だけではわからないことが、現場には溢れています。

ASAFASの3つの専攻(東南アジア地域研究専攻アフリカ地域研究専攻グローバル地域研究専攻)では、それぞれ毎年「オープンキャンパス」を実施しています。地域研究の魅力を、具体的に感じることができるはずです。大学生だけでなく、高校生、中学生の方でも参加できます。興味をもった人は、ぜひ申し込みのうえ、参加してください。募集時期などは、ASAFASのウェブサイトや各専攻のウェブサイトからお調べください。

女子学生による地域研究

 準備中