投稿規定

『アジア・アフリカ地域研究』 投稿規定

  1. 『アジア・アフリカ地域研究』は一年に二度発行され,アジア・アフリカ地域研究に寄与する論文,研究ノート,書評,フィールドワーク便りなどを掲載する.投稿原稿は未発表のものに限り,他の雑誌等への同時投稿は認められない.
  2. 投稿原稿は,レフェリー制度をとおして選定のうえ編集される.採用原稿は原則として返却しない.
  3. 原則として使用言語は日本語,英語のいずれかとする.日本語の場合には常用漢字,現代かなづかいを用いることを原則とする.特殊な文字および記号の使用については,編集委員会に相談すること.
  4. 投稿原稿の長さは,論文(日本語)の場合,400字詰め原稿用紙計算で100枚以内,研究ノート(日本語)の場合は50枚以内.論文(英語)の場合 は20,000語以内,研究ノート(英語)の場合10,000語以内とする.書評とフィールドワーク便りは,日本語の場合10枚以内,英文の場合は 2,000語以内で執筆することとする.なお,上記の枚数制限は図・表・写真を含むものとする.
  5. 英語の原稿を投稿する場合には,英文校閲をおこなったうえで,完全な英文にして提出すること.
  6. 論文および研究ノートには,使用言語にかかわらず200語程度の英文要旨を付すものとする.
  7. 投稿原稿は,ワープロ・ソフトによる原稿(A4用紙にプリント・アウトしたもの)を郵送するとともに,オリジナル・ファイルとそれをPDF化した電子ファイルの両方を,E-mailに添付して送付すること(図表は別ファイルとすること).
  8. 図は,浄書し,そのまま印刷可能なものに限る.写真,図,表などは,希望の挿入箇所を指定すること.
  9. 原稿料の支払い,掲載料の徴収はおこなわない.また論文および研究ノートに関しては別刷り50部を著者に進呈する.
  10. 本誌に掲載された論文などの著作権は本誌編集委員会に帰属する.
  11. 執筆要領は投稿規定の次に示してあるが,変更される場合があるので,最新情報に関しては本学研究科ホームページを参照するか,編集委員会まで問い合わせること.
    日本語による投稿 (このページ)
    英語による投稿(http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/MAIN/?page_id=237&lang=en
  12. 投稿先および問い合わせ先は次のとおり.
    〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
    『アジア・アフリカ地域研究』編集委員会
    電話:075-753-7161(編集室)
    ファックス:075-753-7161, メイル:editor[at]asafas.kyoto-u.ac.jp
    メイル:editor@asafas

(2012年3月1日)

pdf 『アジア・アフリカ地域研究』投稿規定 PDF

ページの先頭へ