東南アジア地域研究専攻

 東南アジアとアフリカは共に、⑴強靱な熱帯生態のもとで自生的な歴史を展開してきたという共通性をもっており、とくに東南アジアでは、⑵国家を単位とする経済発展や社会変容が加速され、他方で国家を越えた地域統合が進展しつつあります。また、⑶急激な経済発展と連動しながら、生態・社会・文化が相関して新たな状況を生みだすという、多相的な展開を遂げつつあります。

 このような東南アジア地域の固有性を踏まえ、⑴~⑶のそれぞれの特性と課題に対応させて、本専攻には、「生態環境論」「地域変動論」「総合地域論」の3 つの研究指導分野を置いています。

東南アジア地域研究専攻 ホームページ

講座・指導教員紹介

生態環境論講座

東南アジアの基盤をなす自然と人間活動との相互作用により形成される生態環境の特質を明らかにするため、自然生態と社会生態に関する教育研究をおこないます。

岩田 明久(いわた・あきひさ)

E-mail: aiwata@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 インド・太平洋域、東南アジア・東アジア、特にラオスのメコン河水系、および日本において、魚を中心とした水産資源と利用文化の変容を資源管理・持続的利用・保全という視点から研究を行っている。

〔社会生態論Ⅰ、アジア・アフリカ地域研究演習、生態環境論研究演習Ⅰ~Ⅳ、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

西渕 光昭(にしぶち・みつあき)

E-mail: nisibuti@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジア地域で重要な疾病である下痢症について研究してきた。現在は、当該地城の自然環境および人間環境における下痢原因細菌の動態およびその他の要因を総合的に比較し、当該地域に特有な性質を明らかにすることを目標にしている。

〔環境・感染症論、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

竹田 晋也(たけだ・しんや)

E-mail: takeda@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジアのモンスーン林で営まれる林業に関心を持ち、アグロフォレストリーや非木材林産物生産について研究してきた。断片として残された森や、再生される林を注視しつつ、熱帯林と人間との関係に焦点をあて研究を続けている。

〔社会生態論II、地域研究論、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

古澤 拓郎(ふるさわ・たくろう)

E-mail: furusawa@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 人間は、生態系の中で生存し健康を維持していくことができるように、身体機能など生物学的に適応してきた一方で、食糧などを獲得するための技術や知識を得てきた。アジア・太平洋地域における、このような人間と生態系の関係と、その変容を、多面的に研究している。

〔自然生態論II、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

小坂 康之(こさか・やすゆき)

E-mail: kosaka@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 アジアにおける自然環境の改変、農業の近代化、農村の過疎化などの現象を、人と植物の関係を指標に研究してきた。具体的には、農業生態系の植物相、外来植物の分布拡大、市場で販売される野生植物に関心がある。

〔自然生態論Ⅰ、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

安藤 和雄(あんどう・かずお)

E-mail: ando@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 バングラデシュ、ミャンマー、アッサム、アルナチャール・プラデシュ、雲南、ラオス、カザフスタンの農村でフィールド・ワークをおこない、農業・農村開発における「在地の技術」や「村落社会の在地性」の重要性、農具の歴史的変遷に基づくベンガル圏と東南アジアの関係について研究している。またバングラデシュの小規模農村開発に実践的に参加することで、「当事者がおこなうフィールド・ワーク」に注目するようになり、単に対象を知る観察者から地域の人々と価値観の交流ができる当事者的実践的地域研究の確立を目指し、ラオスで展開しつつある。ラオス国立大学農学部でのラオス農民伝統農具資料館活動や、バングラデシュの村のNGO 活動に協力し、実践と研究の統合化を模索している。

〔在地の学び方、生態環境論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

坂本 龍太(さかもと・りょうた)

E-mail: sakamoto65@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 孤発例レジオネラ症患者の感染源、高所適応と老化の関連、ラダーク・ドムカル谷における高齢者の健康としあわせ、ブータンに適した高齢者ケアのあり方などをテーマに研究を行ってきた。人々の健康と自然環境、文化的背景の関係に焦点をあてた研究を行っている。

〔生態環境論研究演習Ⅰ~Ⅳ、人間生態学〕

ページの先頭へ

地域変動論講座

東南アジアの内発的発展及び変動のエネルギーと方向性に焦点を当てながら、地域発展・地域変動に関する教育研究をおこないます。

杉島 敬志(すぎしま・たかし)

E-mail: takasugi@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 フィールドワークと文献研究にもとづいて、東南アジア、オセアニア、南西諸島の社会、文化、歴史、政治、宗教、経済などについて研究をおこなってきた。また、人文社会科学の哲学や理論にも関心をもっている。  教育指導の方針は、学生一人ひとりの興味や関心に注意をはらい、その芽を伸ばし、育てること。

〔地域社会論、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

玉田 芳史(たまだ・よしふみ)

E-mail: tamada@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 タイの現代政治ならびに政治史について研究してきた。近年はアジアや欧州の国々との比較も視野に入れつつ、民主化、政治リーダーシップ、外国人参政権、地方分権、国家形成、ナショナリズムなどについて勉強している。

〔地域政治論Ⅰ~III、地域研究論、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、タイ読解Ⅰ~II、東南アジア論課題研究 Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

速水 洋子(はやみ・ようこ)

E-mail: yhayami@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジア大陸部の山地と平地の関係について人類学的に研究してきた。山地の調査を通じて、周縁から国家権力や低地社会を逆照射しながら、宗教と儀礼の動態、ジェンダー、民族間関係などをテーマにしてきた。今は、比較の視点からミャンマーでの調査を開始しつつある。

〔地域相関論II、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

伊藤 正子(いとう・まさこ)

E-mail: itomasak@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 ベトナム現代史。国民国家における少数民族政策と少数民族側の応対に関して、東北山間部でのフィールド調査をまじえて研究してきた。現在はドイモイ改革下の少数民族政策の変容が課題だが、東南アジアでのナショナリズムの諸相とからめて論じていきたい。

〔地域歴史論、ベトナム語III、アジア・アフリカ地域研究演習、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

片岡 樹(かたおか・たつき)

E-mail: kataoka@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジアにおける、国境を越えた民族や宗教の動態に関心をもっている。これまではタイ北部山地の少数民族地域をフィールドとし、研究を行ってきた。現在はその視野をさらにビルマ(ミャンマー)、中国西南へ拡大するとともに、南タイ・マレー半島地域の中国系住民の宗教実践の調査にも着手している。

〔宗教社会論、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア・アフリカ地域研究演習、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

岡本 正明(おかもと・まさあき)

E-mail: okamoto@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 権威主義的なスハルト体制崩壊後のインドネシアにおいて「ビッグバン・アプローチ」とも言われるほどラディカルな形で始まった地方分権化が一体どのような地方政治の変動をもたらしているのかについての分析枠組みを提示することが現在の私の最も大きなテーマである。また、インドネシアと比較する意味でも、この作業と並行する形で東南アジア各地の地方政治研究の業績を見直している。

〔地域相関論Ⅰ、地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

細田 尚美(ほそだ・なおみ)

E-mail: hosoda@asafas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 フィリピン人の移動に関する人類学的研究を行っている。とりわけ、フィリピンの移民の家族・親族関係、移動先で形成されるコミュニティの様態、文化規範の変容に関心がある。近年は、湾岸アラブ諸国で長年、契約労働者として働くアジア系移民とその家族の生活世界についての研究も実施している。

〔地域変動論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、 アジア臨地演習Ⅰ~III〕

ページの先頭へ

総合地域論講座

多面的な展開を示す生態・社会・文化が相関的に展開する実態に焦点を当て、生態相関・社会相関・地域相関に関する教育研究をおこないます。

水野 広祐(みずの・こうすけ)

E-mail: mizuno@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 多様な東南アジア経済社会を、組織・制度および経済発展から検討し、具体的な問題群を、問題の特性に適応した形で、自然資源、技術、歴史、政策を組み込んで分析し、その際、土地、労働、資本に特に注意を加えることで、地域の特性を明らかにし、同時に地域間の比較を可能にしうる研究を行ってきた。インドネシアの西ジャワ農村における地場産業と産地組織に関する歴史的展開に関する研究はその一つである。生産組織、取引組織、住民組織、労働組合などの組織を取り上げこれらがどのように制度を変えるのか、また経済発展につながりうるのかを研究している。

〔地域と社会経済Ⅰ~III、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

小泉 順子(こいずみ・じゅんこ)

E-mail: jkoizumi@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 18世紀から20世紀初頭のシャム(タイ)史を、現代における歴史叙述や表象の問題も視野に含めつつ再検討してきた。今後も史料、方法論の双方から、またより広域の地域編成と長期の歴史的文脈からタイ近代史を見直し、多様な問題提起とより豊かな歴史像の可能性を探っていきたい。

〔東南アジア史論、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア・アフリカ地域研究演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

石川 登(いしかわ・のぼる)

E-mail: ishikawa@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 対象社会の歴史的検討とフィールド・ワークによる共時的理解を二つの柱としながら、マレーシアとインドネシアに関する社会人類学的研究に従事。近年は、マクロとミクロな社会動態の接合面に注目しながら、国民国家形成、共同体と民族の生成プロセス、労働の組織化、文化の権力論、商品連鎖、トランスナショナリズムなどの考察をおこなってきた。最新のプロジェクトとしては、モノカルチャー型プランテーション(アブラヤシとアカシア)に包摂される熱帯バイオマス社会の生存基盤研究、ならびに日本とボルネオにおける「森林」(里山や商品作物植栽林を含む)を複眼的に考察する歴史人類学的研究に従事している。

〔地域研究プロジェクト・デザイン、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

甲山 治(こうざん・おさむ)

E-mail: kozan@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 日本、東アジア、中央アジアから東南アジアにかけて、土地利用の改変をはじめとする様々な人間活動のインパクトを、水循環モデル等の数値計算を用いて解析している。その際に自然環境の持続性のみならず、自然環境と人間活動の相互作用に関して解析を進めることで地域の特性を明らかにしている。これまでに梅雨期の中国における水管理が大陸スケールの水循環に与える影響や、アラル海流域における水利用変化が地域気候に与える影響、インドネシアにおける大規模植林がもたらす環境への影響等の評価を行っている。

〔水環境・風土論、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

三重野 文晴(みえの・ふみはる)

E-mail: mieno@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジアの経済について、金融システムの観点を主な足場に、実証的な研究をおこなっている。最近の研究の取り組みの対象としては、タイを中心としマレーシア、インドネシア、フィリピンを比較対象とする金融システムの特性、タイ東北部およびラオスにおける農村の金融組織のありかた、ミャンマーの経済構造、タイ・ミャンマーを対象とする中小規模企業の商品や資金の取引構造などがある。 今後の研究関心として、東南アジアにおけるエスニシティー構造に対応した企業・金融部門の歴史的発展経路、所有権と商取引の構造的特性、従来の直接投資・加工工程移転型の工業化を超えた成長のあり方、またそれを支える労働・金融のシステムのあり方などに興味を持っている。

〔東南アジア経済論、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

小林 知(こばやし・さとる)

E-mail: kobasa@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 カンボジア農村でフィールドワークをおこない、その社会の歴史的な変化について民族誌を書くことを目指して研究を始めた。紛争と国際的孤立の後、カンボジアに新しい国家体制が誕生してからまもなく20年が経つ。この間、諸外国や国際機関の関与の下でつくられた国家は、コミュニティに暮らす人々の生活にどのような影響を与えてきたのか。この問いを実証的に解明することが目下の最大の関心である。また、東南アジア大陸部の上座仏教徒社会の多様性と共通性についても関心をもち、調査研究をおこなっている。

〔比較農村社会論、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

中西 嘉宏(なかにし・よしひろ)

E-mail: nakayoshi@cseas[この後に.kyoto-u.ac.jpを付けてください]

 東南アジアの政治、特にミャンマーと軍隊と政治との関係について、軍事政権の長期持続の要因を明らかにすべく研究をおこなってきた。最近の同国の変化にともない、体制変動の内的・外的な原因や、現在の政治的意思決定を規定する公式・非公式の制度についても調査を実施している。最近は一国研究だけでなく、東南アジアを主な対象にした政治運動や紛争の比較研究に関心を持っている。

〔紛争と平和、総合地域論研究演習Ⅰ~IV、東南アジア論課題研究 Ⅰ~III、アジア地域研究公開演習、アジア臨地演習Ⅰ~III〕

ページの先頭へ
ページの先頭へ