出版物

Online ISSN 2188-9104 / Print ISSN 1346-2466

『アジア・アフリカ地域研究』 第18-1号 2018年9月

■『アジア・アフリカ地域研究』
第18-1号  2018年9月   目次

論  文

難民ホスト国ヨルダンにおける国内アクターの展開
―イスラーム的NGOの分析を通じて―
  佐藤麻理絵  1  

研究ノート

ギルクリストのヒンドゥスターニー語研究への貢献
―オリエンタル学校設立の経緯と出版活動―
  倉橋  愛  20  
ウガンダにおける有機ごみのエネルギー源への活用
―カンパラ首都圏におけるバイオマス・ブリケットの生産を事例に―
  浅田 静香  41  

書  評

中村沙絵.『響応する身体―スリランカの老人施設ヴァディヒティ・ニヴァーサの民族誌』
   ナカニシヤ出版, 2017年, 404 p.   野村亜由美  61  
藤井千晶.『東アフリカにおける民衆のイスラームは何を語るか
   ―タリーカとスンナの医学』ミネルヴァ書房, 2018年, 272 p.   池邉 智基  64  
深山直子・丸山淳子・木村真希子編.『先住民からみる現代世界
   ―わたしたちの<あたりまえ>に挑む』昭和堂,2018年,288 p.   中村 友香  67  
杉木明子.『国際的難民保護と負担分担―新たな難民政策の可能性を求めて』
   法律文化社,2018年, 204 p.   山崎 暢子  71  

フィールドワーク便り

快走するグラフィティ―ナイロビの個性化するマタトゥ事情―   池本 春美  76  
アジア人学生と若手研究者のための「京滋フィールドスクール2017」の概要と意義   倉島 孝行  81  
「山下財宝」にとり憑かれる人々   師田 史子  86  
The Social Impact of the Ebola Epidemic on Local Communities in Guinea   Mamadou Sadio Diallo  90  
ウガンダ・ニャムリロ湿地における農地利用と生態系の保全   堀  光順  95  
Diplomatic Practices in Nepal-Japan Relations:A Comparative Study Based on Regime Change   Sharmila Thapa  100  
ページの先頭へ