出版物

Online ISSN 2188-9104 / Print ISSN 1346-2466

『アジア・アフリカ地域研究』 第17-1号 2017年11月

■『アジア・アフリカ地域研究』
第17-1号  2017年3月   目次

論  文

インドネシア・スンバ島西部の在来暦法
―「苦い月」と「ゴカイ月」をめぐる地域間シグナル伝達の分析から―
  古澤 拓郎  1  
ガーンディーの身体とチャウリー・チャウラーの暴動
―第一次非協力運動停止の背後にあった性欲統制の失敗―
  間 永次郎  39  
現代マレーシアにおける「セクシュアリティ・ポリティクス」の誕生
―1980年代以降の国家とLGBT運動―
  伊賀  司  73  

書  評

近藤則夫.『現代インド政治―多様性の中の民主主義』名古屋大学出版会,
   2015年,608 p.   上田 知亮  103  
キム ギュンテ・カン ヒョンテ.『ウズベキスタン・コリョ・サラムの移住と生活』ソウル:グルヌリム,2015年,284 p.(김균태,강현모.『우즈베키스탄 고려인의 이주와 삶』서울:글누림,
   2015,284 p.)   李  眞恵  106  
Ronald A. Messier and James A. Miller. The Last Civilized Place: Sijilmasa and Its Saharan Destiny.
   Austin: The University of Texas Press, 2015, xiv+280 p.   平山 草太  109  
佐藤奈穂.『カンボジア農村に暮らすメマーイ(寡婦たち)―貧困に陥らない社会の仕組み』
   京都大学学術出版会,2017年,260 p.   初鹿野直美  113  
<太田至総編集 アフリカ潜在力1>松田素二・平野(野元)美佐編.『紛争をおさめる文化―不完全性
   とブリコラージュの実践』京都大学学術出版会,2016年,406 p.   田中 正隆  116  
<太田至総編集 アフリカ潜在力2>遠藤 貢編.『武力紛争を越える―
   せめぎ合う制度と戦略のなかで』京都大学学術出版会,2016年,360 p.   牧野久美子  120  
<太田至総編集 アフリカ潜在力3>高橋基樹・大山修一編.『開発と共生のはざまで―
   国家と市場の変動を生きる』京都大学学術出版会,2016年,430 p.   辻村 英之  125  
<太田至総編集 アフリカ潜在力4>重田眞義・伊谷樹一編.『争わないための生業実践―
   生態資源と人びとの関わり』京都大学学術出版会,2016年,360 p.   坂梨 健太  128  
<太田至総編集 アフリカ潜在力5>山越 言・目黒紀夫・佐藤 哲編.『自然は誰のものか―住民参加型
   保全の逆説を乗り越える』京都大学学術出版会,2016年,300 p.   鬼頭 秀一  132  

フィールドワーク便り

名にし負わば―ルグバラの人びとの名づけから思うこと―   山崎 暢子  136  
現代ヨルダンによる宗派・宗教間対話のイニシアティブ   池端 蕗子  140  
サッカーにみるパレスチナ人と難民td>   岡部 友樹  145  
タイ人と魚の距離感から考える生物多様性   友尻 大幹  149  
伝統的生業としてのバットファーム   櫻庭  優  153  
断念した調査―モザンビーク中北部の伝統的権威に迫る危険―   松井  梓  157  
ページの先頭へ